ファンド運用管理

HOME > アセットマネジメント事業 > ファンド運用管理

多様化・高度化するお客様のニーズに対応するため、「金融」・「不動産」ビジネスの豊富な実績、広範なネットワークを活かしたアレンジメント力を駆使し、戦略性の高いファンド運用を投資家様にご提供します。

ファンド運用管理

PBAMは、機関投資家をはじめとした不動産投資ニーズのあるお客様に対して、各投資家様のご要望にあった不動産投資を支援しております。
物件選定、デューディリジェンス、リノベーション・コンバージョン、コスト削減とキャッシュマネジメントを含めた不動産運用・管理業務全般に携わってまいります。投資運用の各ステージで、グループ会社が持つそれぞれの強みを活かしたサービスをご提供します。

不動産投資の各ステージ

投資家様と「ファンドアレンジメント」の検証開始

事業計画の立案

不動産投資ファンド構想

 
  • クライテリアの確定
  • ファンドコンセプト
  • スキーム提案
  • スケジュール立案
  • スポンサー選定
 

ソーシング

投資適格物件の紹介

 

協力企業

(仲介)

  • オフィス
  • 商業施設
  • 住宅
  • 物流施設
  • ホテル
  • 底地 等
 

物件調査

物件の詳細確認

 

協力企業

(鑑定・デューディリジェンス)
(建物運用コストの検証)

  • 価格精査
  • マーケット分析
  • デューディリジェンス
  • 投資適格性
  • 遵法性チェック
 

物件取得・投資実行

物件の取得

 

協力企業

(仲介)

  • 購入価格・条件交渉
  • ドキュメンテーション
  • ファイナンスアレンジメント
 

運用管理

受託資産の管理

 

協力企業

(プロパティマネジメント)
(建物総合管理)

  • 回収計画の策定
  • アカウンティング業務
  • 稼働率の改善
  • 長期修繕計画の管理
  • 顧客満足の改善
  • AMレポート
 

物件売却・投資回収

売却先の選定

 

協力企業

(仲介)

  • 売却手法の提案
  • 売却先の探索
  • 売却先の与信調査
  • 売却価格・条件交渉
  • ドキュメンテーション
 
PBAMの強み
会社案内 アクセス
ページトップへ