ソリューション事例(ファンド型)

HOME > ソリューション事例 > ファンド型

不動産に投資意欲のある企業が、SPC(特別目的会社)により共同で投資用不動産を取得。投資家企業はSPCを通じ不動産から得られる収益を受領。

ファンド型 ソリューション事例

課題
  • 不動産投資したいが優良物件は高額で、1社で負担するのは難しい
  • 共同で不動産を保有すると権利関係や資金管理が面倒
    〜上記のようなニーズを持つ企業が複数あった
ソリューション内容
  • 大型かつ優良な投資用不動産を探索・発掘
  • 各投資家企業がエクイティを拠出しSPC(特別目的会社)を組成、ファイナンス・アレンジメントを実施
  • グループ会社のコンストラクションマネジメント機能を活かし建物のデューディリジェンスと適正化提案
  • 元々複数者による所有であったが、SPCでの取得により不動産権利関係を整理
  • 投資不動産に関わる資金の一元管理とグループ会社のプロパティマネジメントによるワンストップ運用

【ストラクチャー】

ストラクチャー

 

業務フロー

  • ニーズを把握:企業の投資ニーズを把握〜大型優良物件への投資需要
  • 不動産発掘:ニーズに見合う不動産の発掘
  • アレンジメント:ファンド・アレンジメント、ファイナンス・アレンジメント実施
  • 不動産を取得:大型かつ優良不動産を取得成功
  • ファンド運用:取得後、不動産の運用を一元管理 賃料等による収益を、各投資企業へ配分
PBAMの強み
会社案内 アクセス
ページトップへ